黄金井の里(こがねのさと)小金井産業振興ホームページ

  • 小
  • 中
  • 大
HOME  >  つどう  >  農工大・多摩小金井ベンチャーポート12月月例セミナー

『つどう』商店街・地域を盛り上げます

イベント詳細

イベント一覧へ戻る

農工大・多摩小金井ベンチャーポート12月月例セミナー

◆◆◆テーマ 「ナノマイクロオゾンバブル水製造装置の開発及び応用」.「ベトナム進出支援事業の紹介」◆◆◆

    • 講習会・セミナー
    • 東小金井駅
     
開催期間2012年12月19日(水)
開催場所農工大・多摩小金井ベンチャーポート 1階会議室
場所〒184-0012 小金井市中町2-24-16 農工大・多摩小金井ベンチャーポート
時間16時開始
料金受講料:無 料 

ホームページhttp://www.smrj.go.jp/incubation/tama-koganei/seminar/071787.html
主催者農工大・多摩小金井ベンチャーポート  後援:小金井市商工会 工業部会       農工大TLO   
問合せ先担当者 : 大野・古橋・弘田
TEL : 042-382-3855 / FAX : 042-382-1566
E-mail : info-tatvp@kanto-bi.smrj.go.jp
内容◆◆今回のセミナーの内容◆◆

1.「ナノマイクロオゾンバブル水製造装置の開発及び応用」
最近、環境にとって無害なオゾン及びオゾン水が殺菌消毒、脱臭、水処理、排水処理など様々な分野に応用されています。オゾン製品の市場が拡大し、競争も厳しくなっていきます。市場に受け入れられるために、安価で省エネルギーかつ節電のオゾン及びオゾン水発生装置開発が求められます。
今回は、東京農工大で開発された安価で省エネルギー型のアルマイト放電電極を用いたオゾン及びナノマイクロオゾンバブル水製造装置の開発技術と農・畜産業におけるオゾン技術の応用について紹介します。

2.「ベトナム進出支援事業の紹介」
近年、カントリーリスクの関係から、ベトナムに進出する日本の企業がますます増加していきます。海外進出を検討しているけれども、不安、悩みを抱いている中小企業の方々が多いと思います。今回は、ベトナムの投資環境、進出状況などについて解説いたします。

※発表者:東京農工大 工学府大学院教授 亀山 秀雄
※発表者:株式会社アルマイト触媒研究所 代表取締役 トラン・タン・フォン 
 
◆対象: 興味のある方ならどなたでもご参加頂けます。

◆申込方法: 下記のMail Address、裏面の申込書をFaxあるいは直接IM室までご連絡下さい。

◆定員: 30名程度(定員になり次第、締切らせていただきます)
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ・セミナー終了後に名刺交換会・交流会(会費1,000円)を行い・
 ・ます。                         ・  
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                               
    …お気軽にご参加ください。…
 

◆申込:農工大・多摩小金井ベンチャーポート IM室  大野・古橋・弘田
 〒184-0012 小金井市中町2-24-16   
 TEL:042-382-3855 FAX:042-382-1566
 E-mail:info-tatvp@kanto-b.smrj.go.jp
 
 
地図
大きな地図で見る

電車:JR中央線「東小金井」徒歩約10分

このイベントについて感想をどうぞ!

このイベントについて感想をどうぞ!

コメントを書く
タイトル 
ニックネーム 
性別
年代
評価ポイント
コメント 
パスワード 
ページトップへ