黄金井の里(こがねのさと)小金井産業振興ホームページ

  • 小
  • 中
  • 大
HOME  >  つどう  >  小金井の桜  <レポート更新>

『つどう』商店街・地域を盛り上げます

イベント詳細

イベント一覧へ戻る

小金井の桜  <レポート更新>

春の江戸東京名所めぐり

    • 春/観光行事
    • 武蔵小金井駅北口
     
開催期間2016年03月08日(火) 〜 2016年05月08日(日)
開催場所江戸東京たてもの園(都立小金井公園内)
場所〒184-0005 小金井市桜町3-7-1(都立小金井公園内)
時間4月〜9月 9:30〜17:30(入園は17:00まで)
10月〜3月 9:30〜16:30(入園は16:00まで)
※3月19日(土)から、9:30〜17:30(入園は17:00)
料金一般400円(320円)
中学生(都外)・高校生200円(160円)
大学生(専修・各種含む)320円(250円)
65歳以上の方200円(160円)
※( )は20名様以上の団体料金

小学生以下および都内在住・在学の中学生は無料
3月28日(月)は、開園記念日につき入園料無料
休館日毎週月曜日
ホームページhttp://tatemonoen.jp/special/index.html
主催者江戸東京たてもの園
内容江戸東京たてもの園にほど近い小金井堤は、玉川上水をはさみ、かつては桜の木が連なる地として知られていました。これらの桜は、江戸時代中期に大和の吉野山、常陸の桜川から移植されたもので、小金井橋の上下が最も美しい景色とされました。

以来、明治期に入っても郊外の名所として愛され、1924年(大正13)には、花見のための臨時乗降場として、現在の武蔵小金井駅が設けられました。

この展覧会では、小金井の桜を中心に、江戸東京の桜の名所と桜にまつわる風俗等を、江戸東京博物館コレクションである錦絵や工芸品、絵葉書等の資料を通して紹介します。

主催者レポート

Photo Gallery

江戸東京たてもの園で開催された特別展「小金井の桜ー春の江戸東京名所めぐりー」に行ってきました。ビジターセンターの展示室で午前11時と午後1時に学芸員によるスペシャルミュージアムトークがあり、運良く1回目に参加することができました。江戸府内の桜(上野、隅田川、飛鳥山、新吉原、浅草、深川、御殿山、目黒、市ヶ谷、千駄木、新宿)・小金井の桜という流れで桜の江戸名所の絵図が展示されていました。次に桜を楽しむということで、花見の宴(食べる、あそぶ)・暮らしの中の桜(手にとる、よそおう)の展示がありました。学芸員から展示の流れに沿って分かりやすい解説があり、とても参考になりました。
市民レポーター(東西南北)

このイベントについて感想をどうぞ!

このイベントについて感想をどうぞ!

コメントを書く
タイトル 
ニックネーム 
性別
年代
評価ポイント
コメント 
パスワード 
ページトップへ