黄金井の里(こがねのさと)小金井産業振興ホームページ

  • 小
  • 中
  • 大
HOME  >  つどう  >  【9月2日〜7日開催】 武蔵野の歌が聞こえる

『つどう』商店街・地域を盛り上げます

イベント詳細

イベント一覧へ戻る

【9月2日〜7日開催】 武蔵野の歌が聞こえる

武蔵野を協同の大地に変えた川崎平右衛門

    • 武蔵小金井駅北口
     
開催期間2016年09月02日(金) 〜 2016年09月07日(水)
開催場所現代座ホール
場所〒184-0003 小金井市緑町5-13-24
時間2016年9月

2日(金)     19:00〜
3日(土) 14:00〜/19:00〜
4日(日) 14:00〜
5日(月)     19:00〜
6日(火) 14:00〜/19:00〜
7日(水)     19:00〜
開場は開演の30分前です
料金参加費 一 般:3,000円
    小中高:1,000円

※各回80名の予約制です。事前にお申し込みください。
ホームページhttp://www.gendaiza.org/index.html
主催者NPOシニアSOHO小金井&NPO現代座
問合せ先担当者 : NPO現代座事務所
TEL : 042-381-5165 / FAX : 042-381-6987
内容江戸中期、日本列島は元禄大地震、宝永大地震、富士山大噴火と史上最大の災害に見舞われました。元禄バブルで弱体化した幕府は再建を進めることが出来ません。

 10年後に8代将軍となった徳川吉宗が幕府立て直しのため、武蔵野新田の開発に取りかかります。けれど、相次ぐ飢饉や凶作で新田開発は壊滅的な打撃を受けます。このとき、開発責任者の大岡越前守忠相は多摩郡の名主・平右衛門に新田の再建を託します。

 平右衛門は農民の中に眠る助け合いの心を生かし、復興を進めます。打ちひしがれた農民たちは次第に助け合いのよろこびに目覚め、自力で新田を復興させ、開発をやり遂げます。荒れ果てた原野はサクラの里に姿を変えました。農民たちの喜びの歌が聞こえてきます。
  助け合いは現代のわたしたちが立ち返る原点でもあります。

脚本・演出 木村 快
音楽 福沢 達郎
企画・制作 NPOシニアSOHO小金井&NPO現代座

このイベントについて感想をどうぞ!

このイベントについて感想をどうぞ!

コメントを書く
タイトル 
ニックネーム 
性別
年代
評価ポイント
コメント 
パスワード 
ページトップへ